コラボレーション事例1.かおり米せんべい


株式会社四万十ドラマ

×

株式会社山香煎餅本舗

 

四万十で採れる食材で新商品開発。「香り米」と呼ばれる十和錦というお米の使い道として、あしもと逸品仲間の山香煎餅本舗河野社長にお願いして煎餅にしてもらいました。味も四万十山間部で作られている、じっくり時間をかけて育てた粗く濃厚な天日塩「山塩」を使用して塩味に。結果として、お米の香ばしさを生かすため、炊きたてのご飯を米油でさっと揚げた「おこげ」の煎餅になりました。サクサク香ばしい食感と、お米の味も感じられる適度な塩加減に抑え、子どもからお年寄りまで家族みんなで楽しめる煎餅として発売以来人気商品となりました。

株式会社四万十ドラマ

四万十には独特のお米があります。それは「かおり米」というお米。そのお米だけを炊くとにおいがきつく、いつも食べているお米に2割程度混ぜて炊くと「新米」のような香りに変わるというお米です。そのお米をシンプルにそのまま食べれる「おやつ」を作りたい思っていたところに、山香煎餅さんとの出会いがありました。商品つくりのコンセプトも同じということもあり、早速試作品を作ってみると、シンプルで美味しい煎餅に仕上がりました。あしもと会議には、考え方を共有できる仲間がたくさんいます。いろんなコラボ商品も出来る可能性があります。

株式会社山香煎餅本舗

当社は全国の地域資源を活かした商品作りを行っています。四万十ドラマさんから原料となる高知県のお米を頂いたときに、この十和錦の香りがお煎餅に活かせると思いました。当社のお煎餅は化学調味料を使わず、素材の味を活かすようにしています。試作をしてみると、お米の風味が残った、おいしいお煎餅ができました。あしもと逸品プロジェクトでの出会いが地域の強みをより伸ばしてくれると確信しています。



その他コラボレーション事例


みどり会 × あしもと逸品プロジェクト


 2014年12月より来場者5万人の優待販売会への出店、1社では参加が難しいところをあしもと会員10社で出店。2015年7月夏の優待販売会に5社で出店。

アニバーサリー × たかちゃん・ふぁーむ 


たかちゃん・ふぁーむで生産しているジャムを使った焼き菓子を店頭販売。